「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
Mt.delicious blog
mtjapan.exblog.jp
カテゴリ:レイナ( 2 )
山 川
TOUR乱反射詳細click!


レッドブラックに来てくれたお客さん、ありがとう!


今日はちょっとびっくりした事があったので書いてみます。


レッドブラックの日は夜中の12地スタートで、時間が沢山あり、
ずっと行ってみたかった御坂峠の「峠の茶屋」に連れて行ってもらう事にしました。


Mさ子、という元マネージャー(今でもたまにお手伝いに来てくれます^^)
と2人です。

スタジオからは車で15~20分くらいの所にあるにも関わらず、
まあ実際、色々やる事があって山梨まで行っているので、
なかなか行く機会というのも難しいわけです。

4年越しくらいで行ってみたいと思っていた夢がかなった形ですな。



もしかしたら知らない人のために一応書いてみると、
この「峠の茶屋」は、太宰治が色々精神的に割といい時期、3カ月くらい滞在した所で、
「富嶽百景」という話の、その場所です。

富嶽百景の中には、井伏鱒二が来た時の事も書いてあり、
井伏が「放屁した」シーンが描かれているが、あれはウソらしい(笑)
井伏が自身の書きものの中であれは嘘だ、と何かで書いていた。
どっちを信じるかはあなた次第です^^bははは



さて。この茶屋は2階は太宰治記念館になっている。
太宰が実際に使った火鉢と机もあった。


階下は茶屋で、ほうとうを食べられるようになっている。
割と広い木造の造りで、富士山に面した方角に全て開け放した座敷になっており、
大変見晴らしがよく、また風が吹き抜けるのでとても涼しい。


で、何に驚いたのかというと、太宰治とは無関係でですね。


水ですわ。


茶屋に座って、ほうとうを頼んだ。

それで、まあ水がまず出てきますよ。


最初、あれ。と思った。
氷が入ってないからだ。
分からんが、水を氷なしで出してくる所はまず珍しいと言えるんではないか。

自分は風呂上がりくらいしか冷たい物を飲まない。
これはなにも、こだわりがあるとかいう訳ではなく、単純に
冷たい物を飲むと具合が悪くなってくるからだ。
だから夏場は結構面倒で、飲食店では氷が解けて常温になるのを待ったり、
また「あったかいお茶ありますか?」と聞いたり。
自動販売機ではホットが消えるので、いちいちコンビニとかに入らなくてはならない。


それで一瞬、おや、めずらしいな。と思った。


自分は書いたとおり、氷が入っているので、出されても、めったに初めに水に
手をつける事はないのだが、氷が入ってないので、見ているうちに何気なく
手を伸ばし、ふーん。と一口飲んだ。


すると


するとですよおくさん。


一口で、ザーッ!!!って感じで山が入ってきたみたいな^^;
自分でも、一口飲んで別人のように顔色が変わるのが分かって恥ずかしいくらいでしたよ。


あの、奥多摩や山陰の山をずーーっと上がって、人の行くガイドラインのない
ような源流まで昔何度か行った事があるんですが、ああいう、
普通の川ではなくて、あまりに澄んでいて恐ろしいような、
源流の特有の匂いがぱーーーっとする訳ですよ。

数回しか嗅いだ事がないのに、確実に記憶に残る、あの澄み切った水の匂いです。


自分はもう仰天して、真っ赤にでもなっているであろう顔をMさ子に顔を向けた。
Mさ子はこういう水になれていると見えて、そういう自分を見て笑っている。


自分は「これ、信じられない。」
と、興奮した頭でもう一口飲んだ。

一口目の驚きと全く変わらない驚きがぱーっとやってくる。

一口飲む度に、本当に川の源へ瞬間移動でもしたような。
だれも手をつけない、複雑に絡み合った木々や野草、
湧水の下に光る大小の石ころ、
日差しをうけた無数の葉のきらめき、むせかえるような呼吸する緑の匂い、
水辺を石から石へと移動するトンボ。

こういう場所が脳に直接きて、まるで目の前に見ているような。


ほうとうも、もちろん美味い。
ほうとうは味が濃いイメージがあったが、いや薄味。
こちらも味噌の薄味の奥に、この源流の香りがするのだ。
多分同じ水を使っているのだろう。

もしこれがどこか自分家の近所あたりで出てきたら、
もうびっくり仰天して毎日ほうとうで暮らすと思うが、
とりあえず、この一発目の水が強烈過ぎた。


自分はコップを手にとって、「水って、これが水なのか。」
と、初めて水というものを知ったような気がして、まじまじと見た。


帰り際、店主と思われるおじさんに聞いた。

この水はなんですか?と。


オヤジは、ギラリとした目を向けて、
「うまいでしょう。」
と低く言った。


そして、ほらみろ、と言うような自信にあふれた顔つきで、
山から、直接引いている。売ってはいないよ。
と言った。



※以下、写真はクリックすると全体が見えます。

f0209776_15395134.jpg

茶屋の前


f0209776_15421656.jpg

太宰治文学碑。 「冨士には月見草がよく似合う 太宰治」と書いてある。


f0209776_15431318.jpg

茶屋からの風景
[PR]
by mtdelicious_japan | 2010-09-13 15:48 | レイナ
ラブリー小話


今日は、エンジニアのblue soulの原さんの所に行ってきた。

どーも機材の調子が悪くて、リペアを頼んでいたのだった。


自分はマックで食料を買い込み、それを食べたり、
色んな機材を楽しく物色したりして修理を待っている間を過ごそうと
思い描いていたが、修理はあっという間に終わった。
まだポテトを半分食べただけの間に。

何やらむつかしい機械が色々とあったが、真空管の話を
聞いたりして、楽しかった!>∀<

直してくれて、どうもありがとう^^/

f0209776_18433351.jpg

[PR]
by mtdelicious_japan | 2010-04-22 18:44 | レイナ